6月25日に行われた「薄桜鬼~御伽草子~ 女鬼祭り!」イベントレポートをお届けします!

otogisoushi_img

左から篠原ぱらこ(薄桜鬼~御伽草子~アニメ監督)・石川綾乃(千姫役)・桑島法子(雪村千鶴役)・勝田晶子(君菊役)※敬称略

 

「女鬼祭り」の名にふさわしく多くの女性ファンに埋めつくされた 会場は、開演前から熱気につつまれました。

本日の出演者の桑島さん、石川さん、勝田さん、篠原監督が登場すると待ち構えていた観客たちが大きな拍手で迎えます。

最初の自己紹介から勝田さんが「今日は平日…」とナチュラルに間違えたり、篠原監督が「来るときにSUICAをなくしました」と衝撃の告白?をしたり、会場は爆笑につつまれます。

篠原監督から「原作の薄桜鬼はシリアスな世界観なのですが、御伽草子はシリアスさをとっぱらって安心して見られる世界観にしました。」と、「薄桜鬼~御伽草子~」の見どころを解説。

桑島さん、石川さん、勝田さんからもそれぞれが演じる千鶴、千姫、君菊の本作での役どころを解説していただきました。

 

そして、「薄桜鬼~御伽草子~」の、今まで放送した全11話と、先行公開(テレビでは6/28放送)の最終話12話を一挙放映。

今までを振り返りながら、感動のエンディングも見られ、観客も大興奮です。

 

放映後はいよいよ女鬼キャスト3人と監督によるガールズトークタイム。

最初の企画は「鬼の絶対正解クイズ」。「薄桜鬼~御伽草子~」本編に関する「出演者なら絶対答えられる」クイズを出題し、出演者4人が全員正解したら「正解」というもの。

企画発表の瞬間から、桑島さんが「絶対!?間違える自信があるよ!」と早くも弱気な発言をすると、勝田さんも「漢字が書けるかが一番不安です」と場内を沸かせます。

そして5問のクイズが出題され、結果は5問中2問が全員正解!「全12話中千鶴は何回『父様』といったでしょうか」などの難問に出演者も悩まされました。

 

続いては出演者に「薄桜鬼~御伽草子~」の様々な質問をする「女鬼祭りトーク」

「全話の中で自分が好きなエピソード」では、桑島さんが「第1話。家で見ていたら『早っ!短っ!終わったっ!』とあっという間にエンディングが始まるのが衝撃で、でもその短さがクセになると思いました。」と初視聴の際のエピソードを披露。

「いま、鬼の力を出せるとしたらどんなことに挑戦しますか」という質問では、篠原監督から「超人的な力が出せるならオリンピックに出場」という答えが出ると、石川さんから「ドーピングでしょ!」とツッコミが。勝田さんからは「屋根とかを飛び移れるので、通勤に便利。通勤ラッシュ鬼知らず、みたいな。」と驚きのアイデアも。石川さんは、台本に例題で書いてあったという「素手でスイカ割り」が斬新だ!と気に入っていた模様。「キャンプで便利!この夏活躍できるかも」と場内を沸かせました。

 

最後のコーナーは普段誰にも相談できないことや女性ならではのご質問を出演者が答える「お客様からの質問コーナー」。

なんと、このイベントのためだけに宮崎から来ていただき、今日帰ってしまうという方からの質問も!

「自分以外の役を演じるとしたら誰の役をやりたいですか」という質問に篠原監督が「山南さんですかね、しゃべり方とか面白くて、真似したくなりまする方がけっこういらっしゃって」と明かすと、声優の皆さんからも「監督のリハーサルVに(監督本人の)仮ナレーションが入ってて、ちゃんと特徴をとらえてる!」とのお話しが。監督も「ひそかに楽しんでます」と明かす一幕もありました。

そして、出演者全員のサイン入りの「薄桜鬼~御伽草子~」オリジナルポストカードが当たる、来場者の皆さまへのプレゼントコーナーで締めくくり。

出演者の皆さまからの最後のご挨拶では、石川さんから「続編があったらいいな、またイベントができたらいいな」とのコメントも。ニコニコ生放送でも「続編希望!」「2期希望!」のコメントがあふれました。

原作ではシリアスなシーンも多い「薄桜鬼」。「御伽草子」では“もしかしたらあったかもしれない”平和な世界観を描き、最終12話は全キャラが集まってのハッピーエンドとなりました。

 

【Blu-ray&DVDがいよいよ7月13日に発売!】

本イベントでも話題になった最終12話も収めた「薄桜鬼~御伽草子~」Blu-ray&DVDがいよいよ7月13日に発売します。

貴重な特典もいっぱい!ぜひお買い求めください。

 

【特設ページURL:http://www.hakuoki-otogi.com/special2/disc/